理性の境界

理性の境界

理系大学生の作者のオナ禁活動の報告と、自己啓発について語るブログです。完全に趣味のTYPE-MOONについて触れるかもしれません。

理性の境界

理想の探求、人生はかくあるべし

長期間オナ禁をするには、アウトップトが必要なのではないか

 

こんにちは

昨日の記事にさっそくスターを送ってくださった皆さんありがとうございます!

今日も、早速自分のオナ禁に対する考えをアウトプットしてみようと思います。

 

結論

自分の持っているものをアウトプットすれば、ムラムラを受け流し、長期的なオナ禁ができる。

理由

前提条件:オナニーは性エネルギーを消費する行為

虚脱感。

皆さんもオナ禁をリセットしてしまった直後、もしくはその翌朝に虚脱感を感じることはありませんか?

それは、オナ禁によってためていた性エネルギーを消費(放出?)してしまったことが原因だと考えられます。僕も2週間前に40日間のオナ禁をリセットした直後に体内から大きなものが抜け出た感覚を味わいました。

※“性エネルギー”というと少々オカルトチックに聞こえるかもしれませんが、他にうまい表現が思いつかなかったのでご容赦ください。

逆説的ですが、オナ禁することは体内に性エネルギーをためる行為だと言えます。

 

理由①:オナ禁のムラムラは数日くらいたってから起こる

ある程度オナ禁を続けているひとなら、リセット直後~数日はムラムラを感じないと思います。でも、そんな人も数日するとムラムラしてきたりして来ませんか?

これは、体内に性エネルギーがたまってきたものの、行き場がないことが理由だと考えられます。体内で行き場を失った性エネルギーがはけ口を求めて、最も簡単で最も気持ちのいいオナニーへ導くために、ムラムラを引き起こしているのではないでしょうか。

 

理由②:中期間オナ禁を継続できているときはアウトップトができる環境にあったから

僕はこれまで40日以上のオナ禁を継続できた時(2回あります)、どちらも自分の普段やらないことをして、アウトプットをする環境にありました。

1回目の時は、結構ハードなインターンシップに参加していた時。連日調べ物や会議を行ってました。

2回目の時は、就活塾に通っているとき。毎週、ESを書いたり、ケース問題・フェルミ推定の練習問題を解いていました。

このことから、オナニー以外でも自分の内側にあるものをアウトプットすることは自分の性エネルギーを消費して、オナニーで性エネルギーを放出する必要がなくなるのだと思います。

 

まとめ

長期間のオナ禁をする際は何らかの形で楽しくアウトプットを続ける環境をつくるとよいと思います。一例を示すと

・ランニング

・筋力トレーニング

・ケース問題、フェルミ推定

・ブログ、小説の執筆

・楽器の演奏

 

尤も、エロ禁をしたり、食事に気を使うなど性エネルギーをむやみに乱さないようにすることが一番大切でしょう。

アウトプット力を高めたい

お久しぶりです、typearcherです。

先日まで40日近くオナ禁が続いていましたが、すでにリセットしてしまいました。

禁欲期間が長かったがゆえに、リセットしてしまってからの性エネルギーの乱れが大きいのかなリセット直後は、数日スパンでのリセットが相次いでいました。

ただ、今はそれから2週間近くたち落ち着いてきたのを実感しています。

 

今日、約1か月半ぶりに筆を執ったのはほかでもありません。

このブログを定期的に更新することを通じて2つの力を養いたいと思ったからです。

・自分の考えを読みやすいようにまとめる力

・自分の意見を恐れずに発信する力

 

1週間に1度更新できるように励むつもりです。

無料スターや「あ」だけのコメントでもいただけると、励みになるのでいただけると幸いです。

 

最後に

去年の冬から茶葉で紅茶を淹れることを始めました。

でも、中々自分が納得できる紅茶を淹れられなかったです。

でも、今日は初めて自分が納得できる紅茶を淹れることができてうれしかったです。

アウトプット力を高めることも、紅茶のように継続して、自分が納得できる日を迎えたいと思います。

美しい言葉

お久しぶりです、typearcherです。

今、ひすいこたろうさんの「あした死ぬかもよ?」を読んでいて、最高に美しく、心に響く言葉と出会った喜びに包まれています。

その言葉を皆さんとシェアしたいと思って筆(キーボード)を手にしました。

その言葉はチャップリンの映画「ライムライト」からの引用だそうです。

 

人生は美しい!生きることは素晴らしい!

君はいつも病気のことばかり考えて、暗く、うつむている。

それじゃあ、いけない。

人間には『死ぬ』ことと同じくらい、避けられないことがあるんだ。

それは『生きる』ことだよ!

 

 

リセットを迎えて

お久しぶりです。

昨夜ムラムラに負けて、2週間ぶりのリセットをしてしまいました。
ほんとに今朝はしんどいです。
昨日までと今日の、違いをメモしておこうと思ったので記事にもしました。
もしリセットしようが悩んでいる人がいたらその人にも届きますように。

〇鏡の中の自分がダサい
昨日までの、鏡の中の自分はエネルギーを感じて輝いている感じでした。でも、今の僕は違います。
覇気がなくて、無理やり笑っている感じ。
生きていて楽しくなさそう。

〇バイタルの低下
リセット後寝るのが遅かったこともあり、行動力の低下を感じます。
昨日までならサクサクスイスイ悩まずにできていことがやりにくいです。動きたくないー。

〇目線が上がらない
昨日までならずっと、正面を向き堂々とあるくことができていました。でも、今の僕は違います。
伏し目がちに、気がつくと下を向いて歩いています。
幸せそうな人を見るのもちょっと大変ですね。

〇体にハリがない
昨日までは肌や唇も潤って、リップなども不要でした。
でも、今朝は唇もガサガサでリップつけなきゃ!って感じです。
これも体内から性エネルギーが失われた影響でしょう。

次に向けて
今後はより一層、ムラムラのトリガーを引かないようにすることを重視します。
具体的な行動は以下の通りです
姿勢を良くする
深呼吸を意識する
毎日筋トレ、チベット体操体操、瞑想をする
twitterは1日5回までのアクセス
オナ禁ノートを毎日つける
夜更かしをしないで早く寝る
コンビニ弁当は食べない

考えてみれば当たり前ですね。
今度は良い報告ができるように頑張ります!
みなさんも頑張りましょう

強迫性障害の克服を目指して

皆さま、どうもお久しぶりです。typearcherです。

先日記事にした

(リンク)

一人旅からも2週間前には無事に帰国して、日本での日常を過ごしたり、再び海外(バリ島)に友人たちと行ったりしてました。

春休みの出来事も記事にしていこうと思ったのですが、それよりも先に記事にしたいことができたので先にそちらを記事にします。

今回の記事は少し不快な内容を含んでいると思います。嫌になったらブラウザバックしていただいて構いません。

強迫性障害とは

皆さんは「強迫性障害」という病気をご存知でしょうか。

この病気の症状は、強迫観念を打ち消すために強迫行為を(他者から見ると)異様なまでに繰り返したくなるという物です。

強迫観念・・・患者それぞれに気になって気になって仕方がないもの(鍵をかけたかどうか以上に不安になったり、自分が汚いと思っているモノや人だったり様々)に対する不安感や不快感

強迫行為・・・自分の不安感・不快感を払しょくするための儀式。他者には異様なものになることもある(後述)

100人に2人くらいの割合でいるそうですが、あまり有名でなく、原因などもはっきりしていません。

僕と強迫性障害

もうお気づきかもしれませんが、僕自身もこの強迫性障害を患っています。

僕の主な症状は、特定のモノ・人を不快なもので汚いと感じてそれから逃れるために手や体を洗う(毎日のお風呂もこれに含みます)というものです。

 

成人以降、大人になってからなることが多いと言われるこの病気ですが、実は僕はかれこれ10年以上患っています。

 

記憶の中で最も古い強迫性障害にまつわる記憶は幼稚園までさかのぼります。

当時の強迫観念についてはよく覚えていないのですが、強迫行為として両の掌に息をふーふーと吹きかけていたことを覚えています。

それ以降の学校生活についてもお話しします。

 

重症だった小学校時代

僕の強迫性障害史の中でも最も暗黒の時代が小学校時代です。

当時は”学校”そのものが強迫観念となっており、学校用の文房具、教科書、宿題、などが嫌で嫌でたまらないものとして感じられていました。

それに対する強迫行為は手洗いと”なめとる”というものでした。

家など学校外で教科書や学校用の文房具に触ると”汚い”と感じて、そのあとは必ず手を洗っていました(一時期は二の腕の方まで洗わないと気が済まない時期も)。

一度ならまだよいですが、2度3度と洗い続けて長いこと洗面所に居座ったものです。

これだけならまだなんとか普通の人と近いですが、小学校の2~3年生の症状が最も重かった時期には手や物をなめるようになっていました。

(今思い出すとありえないことですが)当時は学校で鉛筆などを落としたら必ずなめていたのです。また、指や手をなめていた時期もありました。

それが原因となって、そのころから同級生たちに避けられるようにもなり始めました。

当然と言えば当然ですね。

今の僕が大学で指やシャーペンをなめている人がいたら距離をとると思いますもの。

 

回復を見せた中学1,2年生

暗黒の小学校時代と打って変わって症状が全くなかったのが中学校1,2年生のころです。

しかし、それも3年生になって変わりました。隣のクラスに転校生がやってきたのです。

そして、その彼のことが不快で不快でたまらなくなってしまったのです。

指をなめることはなかったものの、再び手を洗ったりするようになりました。

この時期に最も特徴的なのが強迫行為の中にオナニーが入っていたことです。

その彼を目にした後、彼の名前を聞いた後、彼について考えた後、家で射精をしないと気がすまなくなってしまいました。体の内から排出したかったのでしょうね。

勿論、その時のオナニーは一日複数回行っていたものの、義務感でやっていたので全く気持ちがよかったという記憶はないですね 笑

 

落ち着いていたけれど症状の続いた高校時代

その彼とは幸いにも別の高校に進学することになったので、高校入学後は全く大丈夫でした。

しかし、今度も同級生の中にそういった人物ができてしまい強迫性障害の日々に逆戻りです。

高校時代の強迫行為はオナニーがなくなり、手洗いだけになりました。

 

高校時代を引きずっている現在

現在は、高校時代に深いと感じていた彼とは別の大学に進学しています。

しかし、現在でも彼と、彼にまつわる場所や記憶、写真が強迫観念として残っています。

 

今回治療を始めようと思った理由

ではなぜ、今回新たに治療に取り組もうと思ったのか話していきます。

それは”波が来ていた”からです。

~波の流れ~

・オーディオブックサービスAudibleをお勧めする記事に出会う

・Audibleを使い始める

・バイトからの帰り道にAudibleでスティーブジョブスの本を聴く

・ジョブスの本の中で「直感を信じよ」という話に出会う

・その足で本屋に行きたくなる

・目をつぶってどこに行きたいか自分の中に訪ねた

・その方向に歩いて行った先で、”ぼくは強迫性障害”という本に出合う

・読了後、最近の悩みの近くに強迫性障害があるのでは?と考えるようになる

・治療したくなる

・”実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則35”(以下、鉄則35)を買う

 

かつてないほどのビッグウェーブが来ていますね 笑

思えば自発的にこの病気を治したいと思ったのは今回が初です。

 

鉄則35を読んでみて

一言で表現すれば、心がエグられるようでした。

体験者の方の本ということだけあって、自分のことを書いているのでは?というほど当てはまる節がたくさん出てきます。

書かれているアクションステップも「確かにこれができたら快復に向かうだろう」というものが殆どです。

実際に昨日今日と、鉄則を頭の隅に置きながら生活してみると今まで怖くてできなかったことにも挑戦できるようになりました。

例えば、汚いと感じていたイスに触れた後も手を洗わないですんだ、など。

このまま自分の許容できる量を増やしていけばきっと快復できるでしょう。

 

今後の取り組み

・鉄則35を参考に成功体験を積む

強迫性障害にまつわる本を数冊読んでみる(インプット)

・治す!

 

僕は今年で20歳、つまり成人の予定です。

成人までに(普通の)人(に)成(れる)ように頑張ってみようと思います。

【日記】一人海外キメてきます!

皆さん、お久しぶりです。typearcherです。

 

タイトルにもあるように私、海外一人旅に行ってまいります!

出国は約10日後で、行先はドイツ・チェコオーストリアの3か国を約2週間で旅してくることを想定しています。

 

僕が尊敬しているオナ禁ブロガーさおけんさんも以下のエントリーでおすすめされているように、自分の変化を求めて旅に出てきます!

オナ禁効果の確認方法:異国の地に一人旅をする – BLOG NOPMO

 

これまで経験した海外旅行・滞在は学校や企業が主催したものだったので、自分の身一つで海外に出たことがなかったので今という準備期間をドキドキしながら過ごしています。

今回の旅をめっちゃ楽しんで、一皮むけて変態して帰ってこようと思います。

※変態は、蛹から蝶が孵化する方の変態です 笑

理想の自分になるために

新年あけましておめでとうございます。

無事に帰国したtypearcherです!

f:id:typearcher:20171125081735j:plain

 

今回またアジア某国で行われたプログラムに参加(書き方はめっちゃ怪しいですが怪しくないですよ!)して、ファシリテーターやチームメイトなど多くの人からフィードバックをいただいたきました。

それらをもとに、これからの僕が理想の自分になるためには何を直していかないかいけないかが判明したので、改善点と改善するために何を実行するのかお話しします。

 

今回の記事は僕の宣言を聞いていただきたいのもありますが、それとは別に伝えたいことがあります。

それは、

自分を変えたいと思ったら、今の自分を適切に・客観的に見てくれる人から話を聞く

ということです。

何故なら、自分一人では問題点を見つけるのがそもそも難しく、また見つけてもそれを改善するためにどうしたらいいのかを真剣に考えないからです。本当に自分を変えたいと思ったら、今の自分と理想の自分の間に横たわるギャップを理解してそれを埋めるためのPDCAサイクルを回すしかないのです!

僕も自身、ファシリテーターの方に今まで自分が気づいていなかった問題の核心を言葉で貫いてもらったからこそ、気づいて学べたことが本当にたくさんありました。

皆さんも自分を変えたいと思ったら、付き合いの長い友人などから自分の”伸びしろ”を聞いてみてください。

 

では、僕の改善点をご紹介します。ここからは本当に自己満足の世界なので、ここでブラウザバックしていただいても大丈夫です (笑)

 

 

改善点1 男らしくない

<現状>

自分一人では何も決められない、自分に自信がない、ナヨナヨしたしぐさをしている、(彼女がいない、童貞)

<理由>

父との希薄な関係、自分で自分を信じるだけの内容がない

<改善方法>

・これまで避けていたけれども、心の底では望んでいた父との交流

・ナヨナヨしたしぐさを止める

・論理的に考えるようにして、自分の行動を自分で信じられるようにする

 
改善点2 論理的に考えられていない

<現状>

自分で自分を信じられない、相手を説得できない、うまく説明ができない

<理由>

これまで考えることを放棄して直感で生きていたからロジカルに考えることに慣れていない

<改善方法>

ロジカルシンキングの本を読んで勉強、実行する

 ※現在、ロジカルプレゼンテーションという本を読んでいる最中

・モノを考えるのに慣れるまでは、とにかく紙に書きだす

 
改善点3 計画性がない

<現状>

目標を立てて実行しようとしても、目の前に別のタスクが発生するとそちらに流れてしまい、結局目標を達成できない

<理由>

仕事の優先順位を考えずに、与えられたことをこなしている

⇒与えられたことをすぐにこなせば相手に認めてもらえると思っていたから

<改善方法>

・動く前に何をするの書きだす

・動き出してからも優先順位を常に頭の中で意識する

・(人から頼まれるなど)新しいタスクが舞い込んだら、すぐに安請け合いをするのではなく一度立ち止まって考える

 
改善点4 自分にベクトルが向いている

<現状>

誰かの話を聞いているときも、話半分で次の自分のことを考えている

<理由>

なんとか人に認めてもらいたいと思っているから、自分を有能に見せようとしている

<改善方法>

相手に興味を持つようにする

⇒話をしているときなどに、「なんで○○と思ったのだろう、したのだろう」と疑問を持つようにする